スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

や党、よ党、ゆ党

議長OB座談会

議会報が合併で廃刊になるにあたり、
最終号は、一色町議会の歴史を取り上げることとしている。
年表や議長OBの座談会など。

私は、座談会ページを担当することになった。
今日は各小学校区から一人づつ、議長経験者に役場の委員会室に来ていただいて、話をうかがった。

テーマは、①合併にあたっての新市への要望や感想
      ②議員当時の思い出や特徴的なできごと
 など自由闊達に語っていただいた。

テープをとらせて頂いたが、活字にできないこともいっぱい。
議会報では、その一部しか紹介できないのは残念。

自分自身も議員経験は古いのだが、知らないこともあって、ビックリ。

ある議長は、「毎月、保守会派の勉強会を課長をよんでやっていた」と。

また、ある議長は「自分は与党でもない、野党でもない、中間のゆ党だ」とか。

また、先日の町長の答弁拒否を引き合いに「議会運営は機能してるのか!」など、厳しい一言も。

私見だが…
以前の議会のほうが、保守系町長派議員といえども、町長に注文をつけたり、
忠告するような一般質問もしばしばだったかなあと思う。

また、議会運営委員会などを重んじてたかなあ。
つまり、議運で質問を許可したのに、町長が答弁を拒否するなどはありえないということだ。
それだけに、議運でのしっかりした議論が求められているわけである。

議会というのは、古い悪しき慣習が改善されるべきは当然だが、
大切に引きつがれるべきことも、数の力で一蹴されることもあり、残念だ。

さらに残念なのは、改善すべきか引きつぐべきかが、時の町長によって左右されてしまうことだ。
(どの町長のときのこと?)

町長が誰であれその個々の議員が意志を貫くのは難しいのか。
議員が選挙で、町長や市長に応援してもらうことの是非も問われることになる…か。

なにはともあれ、4議長の「しゃべくり座談会」は無事終えたが、
その編集も大変な作業だなあ…。こうご期待。
スポンサーサイト
名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

前田おさむ

Author:前田おさむ
▼1955年9月25日生まれ、56歳 ▼碧南工業高校卒 ▼ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党 ▼27歳で一色町議会議員に。7回当選 ▼町議会副議長、各常任委員長など歴任 ▼2011年、西尾市との合併で西尾市会議員 ▼日本共産党西三地区自治体部長 ▼趣味 登山・スキー・スノーボード・2人の孫と遊ぶこと

▼住所 西尾市一色町開正西縄8番地
▼Eメール:maeda3180@katch.ne.jp
▼電話Fax:0563-73-6659

リンク
最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2010年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
My Yahoo!に追加