スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員と公務員バッシング

寒い日になったが訪問し、数人の方と対話できた。
多くの方に激励され、うれしく思う。
その中で、議員や公務員への批判が聞かれた。

景気の低迷による収入の削減で、民間の怒りも頂点にあるのも当然。

さらに、名古屋市や阿久根市を見ても、
議員や公務員への風当たりの強さは明らかである。

給与については、一色町でも、10年度の人事院勧告に基づいて
職員・議員の給与削減の条例が全会一致で可決した。

職員給与は、民間の給与と比べて0.19%高いため、
民間に合わせるように給与と手当を削減した。

期末手当は年間3.95カ月分に削減され、
昭和38年の水準まで逆戻りすることとなった。

日本経団連の発表では、民間の給与は昨年より引きあがっているとか。

この間、「公務員は給与が高い」とマスコミや政府によって宣伝されているが、
一部の高級官僚と地方公務員とをごっちゃにした議論だ。

給与削減は、誇りや尊厳、意欲を失わせるもので、
低い方にあわせるのでなく、大企業のため込んだ内部留保金をはき出して
民間の給与を引き上げることこそが大切だと思うのだが。

町職員の「給与引き下げ案」については、
西尾市職員組合と西尾市が合意したとのことで、
党議員団も賛成することにした。

昨今、住民からの議会批判も厳しい。

議会改革は、報酬引き下げとか定数削減でなく、
議員のあり方そのものが問われている。

「首長になんでも賛成」など旧体質が通用しなくなっていると思う。

議会改革のため「議会基本条例」を定める議会が相次ぎ、
愛知県下各地で生まれている。

残念なことに、その準備をすすめてきた一色町議会は、
「町長の一声」で、町長派議員が態度を変え、
提案できなくなった。

こんなことでは、議員定数・報酬数削減どころか、議会不要論まで出てしまうのではないか。
現下の、住民の怒りは、ここまで来ていると思うのだが。
スポンサーサイト
名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

前田おさむ

Author:前田おさむ
▼1955年9月25日生まれ、56歳 ▼碧南工業高校卒 ▼ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党 ▼27歳で一色町議会議員に。7回当選 ▼町議会副議長、各常任委員長など歴任 ▼2011年、西尾市との合併で西尾市会議員 ▼日本共産党西三地区自治体部長 ▼趣味 登山・スキー・スノーボード・2人の孫と遊ぶこと

▼住所 西尾市一色町開正西縄8番地
▼Eメール:maeda3180@katch.ne.jp
▼電話Fax:0563-73-6659

リンク
最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2010年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
My Yahoo!に追加