スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のふんどしで相撲

午前中、議会だより編集委員会。
それを前後して、生活相談があった。

町県民税の滞納者に、県税事務所が給与を差し押さえた。
差し押さえた給与は、緊急雇用創出事業で働いた、わずかばかりの月給。

当座の食費にも困っている人の給与を差し押さえできるはずがない。
生保基準が保障されなければ、憲法にも違反するではないか。

との思いで、斉藤議員とともに、いろいろ話を伺った。
町職員も、すでに関わっており内情に詳しかった・・・。

職員「約束をしたはず。それが履行できないなら、
   なぜ、電話してこなかったんですか」
町民「・・・・・・・・・・」

詳述は避けるが、仮に本人に落ち度があっても
もうちょっと、その対応はなんとかならないものか。



いよいよ、選挙も間近。
生々しい話も聞くようになった。

東部のある地区では
「●●町長が2年後、西尾市長になったとき、
そのパイプ役を果たせるのは私です」
と言って、支持を訴えた人がいるとか・・・。

最初、聞いたときは笑った。でも、よく考えると
笑いから怒りに変わった。

「ウソをついて、町民をだますことは許せない!」
「市長になる話など「ない」ことを、
いかにも「ある」ような話をすることが許されるのか」と。

「人のふんどしで相撲をとる」
「人の牛蒡(ごぼう)で法事する」
「人の提灯で明かりを取る」
これらのことわざより、もっと性質(たち)が悪い。
スポンサーサイト
名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

前田おさむ

Author:前田おさむ
▼1955年9月25日生まれ、56歳 ▼碧南工業高校卒 ▼ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党 ▼27歳で一色町議会議員に。7回当選 ▼町議会副議長、各常任委員長など歴任 ▼2011年、西尾市との合併で西尾市会議員 ▼日本共産党西三地区自治体部長 ▼趣味 登山・スキー・スノーボード・2人の孫と遊ぶこと

▼住所 西尾市一色町開正西縄8番地
▼Eメール:maeda3180@katch.ne.jp
▼電話Fax:0563-73-6659

リンク
最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2010年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
My Yahoo!に追加