スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆認定申請却下

25日、9時半、党地区常任委員会。

午後3時、西尾議員団会議。西尾民報うちあわせ。

予算要望書完成。
①防災のまちづくり②合併による課題の改善③介護・医療・福祉の充実④暮らしと営業を守る
などに分類し、149項目。
28日に市長に提出することになりました。詳細は、後日お知らせします。

その間、切実な相談の対応。
広島で被爆し、長年、体調不良で苦しんでる方が、いまだに被爆認定されない。
何度も何度も申請したのだが。
爆心地との距離や病名だけで、可否が決まる現在の厚労省の基準は、あまりに冷酷。

昨年の認定申請却下処分に、異議申し立てをしたのだが、棄却された。
あとは、訴訟しかないということらしい。
(相手は民主党の小宮山洋子厚生労働大臣。「コンクリートから人へ」のスローガンは何処へ?)

この種の裁判が、全国でも長期化しているのは、厚労省が控訴を続ける戦術をとっているからであり、
原告が亡くなるのを待つような、国のやり方は、原爆よりも非人道的。

戦争による被害も、原発による被害も、国の責任は極めて大きい。
こんなことでは、地震・津波・福島原発の被災者救援も、どうなることやら。
スポンサーサイト
名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

前田おさむ

Author:前田おさむ
▼1955年9月25日生まれ、56歳 ▼碧南工業高校卒 ▼ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党 ▼27歳で一色町議会議員に。7回当選 ▼町議会副議長、各常任委員長など歴任 ▼2011年、西尾市との合併で西尾市会議員 ▼日本共産党西三地区自治体部長 ▼趣味 登山・スキー・スノーボード・2人の孫と遊ぶこと

▼住所 西尾市一色町開正西縄8番地
▼Eメール:maeda3180@katch.ne.jp
▼電話Fax:0563-73-6659

リンク
最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
My Yahoo!に追加