スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の木

米津橋は矢作川と鹿乗川の2つの河川にかけられている。
その鹿乗川の堤防の「桜」の木が伐採計画にゆれている。
SN3G0066 (350x263)

SN3G0067 (350x263)

国土交通省は国管理の河川だから、樹木による堤防の損壊を心配し伐採したい方向。
しかし、地元の意向を無視できないので、
「伐採する木、残す木、を地元が決める。伐採する木は今回に限り国で。残す木は地元が今後管理し伐採も地元で。」ということになったらしい。

地元としては、残したい桜を市で管理してもらえないかと市に要望。
一方で、桜の木を残して欲しいという方々もあり、署名運動が始まっているとのこと・・・。

あきらかに朽ちかけている老木はともかく、なんとか保存できないものかと思う。

桜の木の根元には「彼岸花」。
少し、川沿いに碧南方面にいくと、桜の木の根が堤防を損壊することのない方策で
桜の木がきれいに植えられているのだが・・・。


スポンサーサイト
名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

前田おさむ

Author:前田おさむ
▼1955年9月25日生まれ、56歳 ▼碧南工業高校卒 ▼ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党 ▼27歳で一色町議会議員に。7回当選 ▼町議会副議長、各常任委員長など歴任 ▼2011年、西尾市との合併で西尾市会議員 ▼日本共産党西三地区自治体部長 ▼趣味 登山・スキー・スノーボード・2人の孫と遊ぶこと

▼住所 西尾市一色町開正西縄8番地
▼Eメール:maeda3180@katch.ne.jp
▼電話Fax:0563-73-6659

リンク
最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
My Yahoo!に追加